萩産の新米が入荷しています

農産物直売所「菜々色マルシェ」では、萩産の「新米」が続々と入荷しています。
今回はその中から、道の駅萩往還おすすめのお米をご紹介します!

◆紫雲◆
萩市紫福の上村さんが栽培するコシヒカリ。
「紫福(しぶき)」という地名には、その地にそびえる「紫雲山(しうんざん)」にまつわる”伝説”があります。そんな伝説の残る地に代々受け継がれてきた水田で、自家製の粉炭を撒くことで土壌の微生物を活性化させるという、土づくりにこだわり栽培された高級米です。

さらにプレミアムな「はぜかけ米」も10月頃から入荷します!

◆みのる米◆
萩市むつみの安田さんが栽培するコシヒカリ。
萩には米作りが盛んな地域がたくさんありますが、むつみ地区もその一つ。昼夜の寒暖差の大きい山間部の気候、恵まれた土壌と美しく豊かな水源。「冷めてもおいしい」深い味わいのあるお米が育ちます。

◆ミルキークイーン◆
ミルキークイーンは、モチモチとした食感で近年人気のお米の品種です。萩市椿の幸坂さんのミルキークイーンは毎年大人気。
独特の食感から、冷めても甘味を感じやすく、お弁当や炊き込みご飯にピッタリ。お料理に合わせてお米の品種を使い分けるのも良いですね。

道の駅萩往還では、萩市各所の個性豊かなお米を取り揃えています。
毎日食べるものだからこそ、お気に入りの美味しいお米を。日々の生活を豊かにするおいしいお米、探してみませんか?。

道の駅萩往還公式ネットストアでも、2021年新米を販売開始いたしました。
こちらも合わせてご利用ください。よろしくお願いいたします。

【2021新米入荷】萩産米 | 道の駅萩往還 ネットストア (hagioukan.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA