古くは江戸時代に開かれた庶民にとって重要な交通路

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hagioukan01.jpg

萩往還は、萩城主の毛利氏が慶長9年、参勤交代の際江戸へ向かうため の「御成道」として開かれました。山陰と山陽をほぼ直線で結ぶこの道は、当時の庶民にとっても重要な交通路。その全長は53kmと、険しい山道を超える道でもありました。

あの歴史上の人物の多くもこの道を通っていた

現在では、そのほとんどが国道や県道として利用されています。当時、明治維新の立役者となった偉人たちを多く輩出した萩。多くの幕末の志士たちがさまざまな思いを抱えて、この道を足早に通り過ぎていったことでしょう。この歴史ある道を、保存し、多くの人にしってもらおうと、現在では整備が進んでいます。