お正月準備は道の駅萩往還で~2021年末版~

あっという間に今年も師走。年の瀬の足音が聞こえてくる時期となりました。

道の駅萩往還の店頭では、年末らしい商品が続々入荷しています。このページでは、定番品から今年限りの限定品まで、道の駅萩往還2021年末版!お正月準備の品々をご紹介していきます。

年末年始を彩る『寄せ植え』

毎年大人気の萩市紫福の園芸農家、増丸園芸さんの『寄せ植え』。

お正月の門松や生花にもよく用いられる「葉牡丹」には、「祝福」「利益」「慈愛」「物事に動じない」などの花言葉がつけられており、お祝い事にぴったりの縁起の良い植物だそうです。

ちなみに「葉牡丹」は見た目の通りキャベツの仲間。その昔キャベツの仲間「ケール」が初めて日本に伝来した時、食用としては普及せず観賞用として栽培されるうちに品種改良されて「葉牡丹」になったとか。

園芸農家さん直送ゆえに花の苗は鮮度抜群で色も鮮やか!!年末年始を超えてもなお、しばらくの間楽しんでいただけます。ひと鉢ひと鉢、すべてアレンジが違うので、是非お気に入りを探してみてくださいね!

来年の干支は「トラ」

2022年は寅年ですね。
萩の偉人、吉田松陰先生も寅年生まれ。幼い頃は寅之助(その後通称、寅次郎)という名前で呼ばれていたそうです。

菜々色マルシェでは、伝統文様コースターで人気の積み木インテリアギャラリーさんより、来年の干支『寅』のコースターが入荷しています。
可愛らしい小虎のイラスト。寅年生まれのあの人へ、プチギフトでも喜ばれるかも!

そのほかにも伝統文様にはお正月にぴったりの縁起の良い文様がたくさん!お正月のお買い物の傍ら、是非手に取ってみてください。

この時期だけの限定入荷、干支コースター。どうぞよろしくお願いいたします。

萩産 黒豆

「まめ」という言葉には、元気・丈夫・健康を願うという意味があり、お節料理の黒豆は「まめに暮らせますように」という願いが込められています。

菜々色マルシェには、萩産の黒豆が入荷しています!
豆を煮るのはなかなか難しいですが、お正月休みにゆっくりチャレンジしてみませんか?

ちなみに年の瀬間際には、「煮豆」もご用意しております。ご安心ください。

正月飾り

しめ縄飾りやうらじろはもちろんのこと、羽子板や松かざりなどお正月テイストの小物もたくさん取り扱っています。

2022年カレンダー

カレンダーのご準備はお済みですか?

道の駅萩往還では、古文書の巻物を模した「吉田松陰カレンダー」が毎年大人気です。
開いてみると表紙は松陰先生の掛け軸レプリカ。

めくると毎月1つずつ、松陰先生のことばと解説が掲載されています。寅年の2022年。寅年生まれの松陰先生にあやかってみてはいかがですか?

お土産にもおすすめです!

お正月準備は、ぜひ道の駅萩往還で。
皆様のお越しをお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA